ボトックスならエラ解消も可能!短時間で簡単に小顔になれる

サイトメニュー

筋肉にのみ作用を出す

注射器

少なめから開始する

ボトックスは筋肉にのみ作用を出すことができるので、他の原因で顔が大きく見えている時には小顔効果を出すことができません。顔が大きく見える原因には骨格が大きいこと以外に脂肪がつき過ぎている、皮膚のたるみがあるなど様々なものがあります。これらのうち一つだけが原因になっている人もいますし、一つだけでなくいくつかの原因を持っている人もいます。ボトックスを受ける時には先にどういった原因で顔が大きく見えているかをはっきりとさせておくことがとても重要です。その場合には、自分だけでは判断することが難しいので専門の知識をもつ医師の診察を受けることが必要不可欠になるでしょう。ボトックスエラが効果をあらわすようなタイプかどうか以外にも、どれくらいの効果が期待できるかまでわかると、施術を受けるかどうかの判断をしやすくなります。エラがはっているのが筋肉によるものだということがわかっても、どれくらいの効果があるかによってかけられる金額に違いがでてくるはずです。仮に効果があることはわかっても、ごくわずかな効果が期待できるだけであればお金を出してまで行わないという判断を下す人もいます。どれほどの効果があるかは施術を受けてみないとわからないとはいえ、ある程度は予想をすることができます。施術を受けるかどうか悩んでいる時には、事前のカウンセリングで医師にどの程度の効果が期待できるかを聞いておくと安心できるでしょう。確実な答えを出すことは難しいかもしれませんが、経験の豊富な医師であればある程度は予測できるはずです。ボトックスエラを注射する場所は咬筋という筋肉がある場所です。この筋肉は食べ物を口に入れ噛みしめる時に活躍する筋肉なので、動きを抑制することで口の動きが以前とは違う違和感を抱くことがあります。脳からの指令がでて、自分で動かしたいように体の各部位を動かすことができますが、ボトックスの作用が働いている部位は動かすことができなくなります。そのため、頭ではいつもと同じように動かしたくても、わずかに今までとは違うといった感覚に陥ることがあります。これは脳からの指令はいつも通りに出ているにも関わらず、筋肉が動かなくなったためでボトックスが正常に働いている証拠でもあります。まれに作用が強く出過ぎて食事の時などに不具合を感じることもあるようですが、そこまでになることは滅多にありません。特に初めての施術を行う時には効果が出過ぎないように少なめの量から試すことになるので、思ったよりも効果が低かったということはあっても効き過ぎて日常生活に支障をきたすことはほとんどないからです。効果が低かったのであれば、次の施術の際に量を増やしたり、注入する部位を調整したりすることで効果を高くすることができます。強く効果が出過ぎて生活に支障をきたすと効果がなくなるまでの数カ月間はそのままで過ごさなくてはいけません。そういったことにならないように、クリニックでは効き過ぎにならないよう十分に注意をしています。そのため施術後の数日間はエラの部分に違和感を覚えることがあっても慣れてくればいつも通りの生活を送ることができるでしょう。

Copyright© 2019 ボトックスならエラ解消も可能!短時間で簡単に小顔になれる All Rights Reserved.